本物を選べ 上質なメンズシャンプー厳選サイトHOME » メンズ向け!頭皮トラブルの種類や原因別・正しいケア方法 » 頭皮のかゆみや湿疹の原因

頭皮のかゆみや湿疹の原因

頭皮の症状で、

このような症状がある方は「頭皮湿疹」または、「脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)」の可能性があります。

これらの症状は、放置したり悪化したりすると、薄毛などの頭皮トラブルの原因にもなりかねない頭皮の疾患です。

気が付いた時にすぐにでも対策をする必要があります。まずは、頭皮疾患の種類や原因などを知っておきましょう。

湿疹の種類

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)は、頭皮湿疹の中でも最も発症しやすい疾患です。

脂漏性湿疹とも呼ばれるもので、発症すると髪の生え際がベトベトしたりかゆみが出たりします。

皮脂が過剰分泌されることによって、皮脂を好む真菌(しんきん)のマセラチア菌が繁殖し、頭皮や顔に炎症を起こすのが主な原因となります。

悪化すると、かゆみはどんどんひどくなり、フケや加齢臭のようなニオイを生じる場合もあります。

さらに、炎症がすすんで悪化すると、抜け毛につながる方もいます。

皮脂の分泌を促進するのが男性ホルモンということもあり、男性の患者が多い疾患です。

皮脂欠乏性皮膚炎

皮脂欠乏性皮膚炎(ひしけつぼうせいひふえん)は、頭皮が乾燥して角質が剥がれた状態のことを指します。

頭皮のバリア機能が低下することで皮膚がガザガザになったり、白い粉をふくようになったりします。また、乾燥でひび割れると、痛みやかゆみを伴うようになります。

このような特徴から、皮脂欠乏性皮膚炎は乾燥しやすい冬に発症しやすくなるのです。

ただし、石鹸やボディシャンプーなどの洗浄剤を多用する方や清潔好きで何度もシャンプーをする方は、季節に関係なく乾燥による湿疹が出やすくなるので注意しましょう。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、全身のいたるところにかゆみを伴う湿疹ができるのが特徴です。

アトピー性皮膚炎を患っている方の多くが、頭皮のかゆみやフケなどの症状に悩んでいる傾向にあります。

原因としては頭皮が乾燥したり水分が少なくなったりした、頭皮のバリア機能が低下した状態に、アレルゲンが侵入することで炎症を起こすと考えられています。

しかし、はっきりとした原因はまだ解明されていません。

接触性皮膚炎

接触性皮膚炎(せっしょくせいひふえん)は、刺激性皮膚炎アレルギー性皮膚炎に分類できます。

刺激性皮膚炎

刺激性皮膚炎は、物質による刺激や毒性によって湿疹が起こるため、アレルギーに関係なく誰でも起こり得るものです。

アレルギー性皮膚炎の場合、何らかのアレルゲン物質に何回も触れることで湿疹が現れます。

どちらも数時間内に皮膚に赤く腫れあがる症状が出ますが、その他にも

といった湿疹も生じます。

この症状は「かぶれ」とも呼ばれており、接触した部分とそうでない部分との境界線がはっきりとしているのが特徴です。

アレルギー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎は、ヘアカラー剤やシャンプー、リンス、整髪料なども原因となることがあるので注意してください。

頭皮の湿疹を引き起こす原因

頭皮の湿疹を引き起こす原因は、日常生活の中にあります。

自分の頭皮の状態にあっていないシャンプー剤を使用していたり、洗髪の仕方が間違っていたりすると頭皮が荒れてしまいます。

また、皮脂や汗によって赤いブツブツができ、かゆみを引き起こします。やがて油脂性のかさぶたができて、フケが目立つようになります。

その他では、紫外線の浴びすぎも湿疹の原因です。

長時間紫外線を浴びると、頭皮から分泌される皮脂が紫外線によって酸化されてしまい、かゆみやニオイの原因となります。特に皮脂性のフケがある方は、紫外線による刺激でかゆみが強くなります。

他にも考えられる頭皮トラブル

炎症による痛みの他にも、神経痛による痛みもあります。

頭頂部から後頭部にかけてピリピリ、チクチクしたと電流が流れるような痛み場合は、後頭神経痛(こうとうしんけいつう)の可能性が高いです。

後頭神経痛は頭皮の神経痛には、以下のような特徴があります。

後頭神経痛は筋肉が凝って、神経を圧迫することによって起こる症状です。

基本的に痛みは自然に消えていきますが、どうしても引かない場合は別の病気の可能性があるので、脳神経外科などに診てもらう必要があります。

確実性の高い病院での治療も検討

頭皮のかゆみや湿疹といった症状を引き起こす症例として、アトピー性皮膚炎と脂漏性皮膚炎を挙げました。実はこの二つ、菌によって引き起こされると、東京医科大学皮膚科教室の研究発表で指摘されています。

論文によれば、アトピー性皮膚炎と脂漏性皮膚炎に悩まされている方々の多くは、その頭部でマレセチア(Malassezia)という常在菌が増殖しているということが分かっています。

残念ながら、なぜ菌が増殖してしまうのかということ自体は、いまだ研究の途中で正確に分かっておりません。ただし、菌を除菌することで症状が改善することは分かっております。除菌にはステロイド外用薬やケトコナゾールクリーム、イトラコナゾールという内服薬が有効です。とくにケトコナゾールクリームは、副作用や使用を止めてからの症状の再燃が少ないことから、現在の治療の主流になっているのです。

参考文献

頭皮の皮脂を出さないための対策

マレセチア菌の増殖と皮脂には強い関連があると、以前より疑われてきました。実際の所、頭皮の皮脂が過剰ではない健康的な頭には、マレセチア菌を初めとする菌の多くが異常増殖していないことが臨床などで分かっています。

つまり頭皮トラブルを防ぐには、頭皮を健康的で清潔な状態にしなければならないのです。頭皮の皮脂を過剰分泌しないためには、以下のような方法が提唱されています。

自分に合ったシャンプーなどを使う

頭皮の皮脂は毎日分泌されます。それをほっとくと皮脂が頭皮に残ってしまい、菌の増殖に繋がります。とくにワックスやジェルといった整髪剤を付けた日は、必ず洗い落としましょう。

しかし、人によって頭皮の状態は違いますし、すでに頭皮に皮膚炎が起こっている場合、それに合ったシャンプーを使わなければいけません。

シャンプーには「高級アルコール系」「石けん系」「アミノ酸系」などがあります。

1.高級アルコール系

石油由来の高級アルコールを原料とし、合成界面活性剤が配合されています。泡立ちの良さと、程よい洗浄力が特徴です。ただ人によっては刺激が強すぎて、肌に合わない場合もあります。

2.石けん系

天然由来の油脂をアルカリで反応させる、石けん系の界面活性剤が使用されているシャンプーです。古くから使われてきたシャンプーで、好む人も多くいます。しかし洗浄力が強すぎるため、皮脂を必要以上に取り去ってしまう可能性もあります。

3アミノ酸系.

天然由来の高級脂肪酸とアミノ酸で作られた界面活性剤を合わせて作られたシャンプーです。紹介したシャンプーの中でもっとも肌にやさしく、敏感肌の方や乾燥肌の方でも安心して使用できます。ただし、他の二つのシャンプーと比べて洗浄力はあまり強くありません。

以上のようなシャンプーがあります。例えば皮脂の過剰分泌で起こる脂漏性皮膚炎に悩んでいる方や、アトピー性皮膚炎を発症している方は、刺激が少なく皮脂を優しく洗い落とせる無添加石けんシャンプーがおススメです。

また、皮脂欠乏性湿疹のように皮脂が足りなくて起こる頭皮トラブルは、洗浄力の強すぎるシャンプーを使うと悪化してしまいます。そこでおススメなのが、アミノ酸系のシャンプーです。もし現在高級アルコール系シャンプーを使っている場合、それが原因で症状が悪化している可能性があります。すぐにアミノ酸系のシャンプーに変えると良いでしょう。

髪の洗いすぎに注意

頭皮は顔などと同じく、程よく保湿されているほうが健康的な状態です。その為には、皮脂も必要不可欠と言えます。髪の洗い過ぎは必要な分の皮脂も落としてしまい、頭皮の乾燥に繋がります。これでは皮脂欠乏性湿疹の原因です。

髪の洗い過ぎを防ぐには、先述したアミノ酸系シャンプーがおススメです。もともと乾燥肌な性質をお持ちの方は、普段使っているシャンプーをアミノ酸系に変えるだけでも効果があるでしょう。

この他にも、髪は38度くらいのぬるま湯で洗う事、洗い残しが無いようにしっかりすすいだ後は吸水力の高いタオルで髪をこすらないように乾かし、保湿用ローションをかけることをおススメします。

肉中心の食生活を避ける

頭皮の皮脂はもちろんのことですが、私たちの身体か分泌される油分は、普段の食生活と密接なかかわりがあります。栄養が偏ったり、脂質の多い食事を多く取っていると、皮脂の過剰分泌に繋がるのです。普段から肉中心の食生活を避け、魚や野菜を多く摂取しましょう。とくに、髪の毛に良い食べ物として以下のものが挙げられます。

うなぎ、昆布 、いわし、さば

野菜

ピーマン、かぼちゃ、ねぎ 、枝豆

これらの食べ物には「ビタミンB群」「DHA、EPA」「ビタミンC」「食物繊維」が含まれており、以下のような効果があるのです。

ビタミンB群(B6 B12)

皮脂分泌の調整を行います
・DHA、EPA
皮脂分泌に関係する脂肪の代謝を向上します

ビタミンC

皮脂分泌を抑制し、また湿疹などの炎症を防ぎます

食物繊維

脂肪や糖分の吸収を抑え、便として排出します

以上のように、食事から頭皮トラブルを防ぐことが可能なのです。皆さんは自分の食生活を見直した時、偏食気味だったり、アルコールの取りすぎだったりしませんか? これを機会に普段の食生活を見直してみましょう。また、足りない栄養素はサプリメントで補うというのも、効果的な方法です。

十分な睡眠をとって頭皮のターンオーバーを促す

人間の皮膚はターンオーバーすることで古いものから新しいものへと生まれ変わります。このターンオーバーのサイクルに不具合が生じると、頭皮トラブルなどに繋がる傾向にあるのです。ターンオーバーのサイクルを活発にするには、最低でも6時間の睡眠が必要と言われています。

睡眠不足はターンオーバーのサイクルを乱すだけではなく、ストレスの蓄積にも繋がって、頭皮トラブルに拍車がかかるとも言われています。良質な睡眠のためには入浴方法や、就寝前の生活習慣も見直してみましょう。

頭皮トラブルは自覚しにくい

2016年に化粧品メーカーであるマンダムが男性の頭皮環境と頭皮トラブルの自覚について調査しました。その結果、およそ八割が何かしらの頭皮トラブルを抱えており、しかしそれらのトラブルを自覚していたのは三割程度だったという結果がわかりました。

頭皮のトラブルは目に見えにくいという理由の他にも、そもそも頭皮が熱や痛みという刺激に対して非常に鈍いからという理由も挙げられます。これによって頭皮にドライヤーなどを当てすぎて、乾燥してしまっている場合があるのです。ちなみに後頭部と頭頂部の角層の水分量も調べた結果、この二つの部位は頬と比べて、それぞれ半分以下と三分の一程度の水分しかなかったという結果も出ています。

このように、自覚しづらいからこそ、頭皮トラブルは起こりやすいと言えるでしょう。そして起こりやすいぶん、普段から意識して自分の頭皮の状態を気にする必要があります。

まとめ

今回ご紹介したように、頭皮のトラブルは軽度なものであれば普段からの生活習慣で十分に予防、そして改善ができるのです。重篤な症状になる前に、防ぐことが大切です。

その上で、アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎などが発症した場合は、速やかに病院に行くことも検討しましょう。現在は頭皮トラブルも、塗り薬や内服薬で改善できるようになっています。皮膚炎は放置しているとさらに悪化しますし、自己処置では感知しないことも稀ではありません。

早く直すためにも、病院で診察してもらうことをおススメします。

<年代別>スカルプシャンプーお試しクロスレビュー

<年代別>スカルプシャンプーお試しクロスレビュー
<年代別>
おすすめの
男性用シャンプー
使い比べレポ―ト
~4つの条件~
上質なメンズシャンプーの選び方
頭皮ケアに育毛に
スカルプシャンプー特集
頭皮の臭いを消す+いい香りづけも
“スメルプ”シャンプー特集
~口コミ評判まとめ~
人気メンズシャンプー28選
徹底調査
シャンプーの『危険な真実』
メンズシャンプーは成分に注目しましょう
メンズシャンプーの正しい使い方を知りましょう
メンズ向け!頭皮トラブルの種類や原因別・正しいケア方法
このサイトのシャンプーの情報はあくまで個人で収集したものになります(2016年12月現在)。
くわしい情報を知りたい方は、必ず該当の公式HPページをご確認くださいますようお願いいたします。
PAGE TOP