おすすめメンズシャンプーランキング » メンズ向け!頭皮トラブルの種類や原因別・正しいケア方法 » 頭皮べたつきは皮脂が原因!べたつきを防ぐ方法とは

頭皮べたつきは皮脂が原因!べたつきを防ぐ方法とは

頭皮べたつきの原因は皮脂の過剰分泌

頭皮のべたつきの原因は、皮脂の過剰分泌にあります。
皮脂の生理機能としては、皮膚表面に潤いと柔軟性を与え、栄養を保持することにあるのですが、過剰に分泌することで、べたつきの原因になってしまうのです。

べたついた頭皮は、チリやホコリを吸着し、細菌の繁殖を許してしまいます。
特に、表皮常在菌であるマラセチア菌は皮脂をエサとしているため、放っておくと頭皮のニオイや加齢臭、メンズ脂臭、かゆみの原因になり、果ては脂漏性皮膚炎になってしまうので、早急な対策が必要になります。

皮脂の過剰分泌の原因

頭皮のべたつきは皮脂の過剰分泌によるものでしたが、では皮脂の過剰分泌を引き起こす原因は何なのでしょうか?
その原因として考えられるのが、食生活と衛生環境、そしてシャンプーです。

乱れた食生活

脂っぽいものを食べた次の日に、顔のテカりが気になった経験、ありますよね?
これは、顔の皮脂が過剰に分泌されたことによるものなのですが、頭皮にも同様のことが起こります。

皮脂の主成分は、脂肪酸トリグリセライドです(※1)。これは中性脂肪の一種でもあり、糖分や脂肪分を基にして生産されます。
つまり、ケーキやチョコレートなどの甘いものを摂り過ぎることで、皮脂の過剰分泌が起こるのです。

不衛生な頭皮環境

皮脂は、洗髪後24時間で元の状態に戻るように分泌されるのですが、24時間以降も量は落ちるものの分泌されます(※2)。

つまり、24時間以降も髪を洗わずに放置していると、頭皮に皮脂が溜まってしまうのです。
さらに言えば、その後に洗髪をしたとしても、その状態を24時間後に再現するように皮脂が分泌されるため、分泌量が増えてしまうのです。

洗浄力の強いシャンプーによる皮脂の取りすぎ

洗髪をしないと皮脂分泌量が増えるとお伝えしましたが、洗髪時に皮脂を取りすぎてしまっても分泌量は増えていきます。

皮脂には皮膚の潤いを守り、バリア機能を維持する働きがあるため、頭皮には常に一定量の皮脂が必要とされています。
そこで、洗浄力が強すぎるシャンプーを使って皮脂を全て洗い落としてしまうと、皮脂を補うために分泌量が増えてしまうのです。

頭皮べたつきの改善策

頭皮のべたつきを改善する方法は、大きく3つにわけられ

が挙げられます。

食生活を見直そう

糖分や脂肪分が多い食事がべたつきを引き起こすのなら、できる限り摂取しなければいいというのが、この方法です。

ケーキやファストフード、揚げ物を避け、バランスのいい食生活を送るだけで頭皮のべたつきは抑えられます。
食事も和食を取り入れるなど、栄養バランスのいいものを心がけてみるのもいいでしょう。

シャンプーは1日1回、ぬるま湯で

頭皮の衛生環境が皮脂分泌を加速させるため、常に清潔な衛生環境を保つことも大切です。

この2点に注意するだけで、べたつきのない頭皮が維持できます。
また、皮脂を洗い過ぎないように洗髪時には熱いお湯ではなくぬるま湯を使うようにしましょう。

シャンプーはアミノ酸系

1日1回のシャンプーでも、洗浄力が強いものを使ってしまうと皮脂が全て洗い流されてしまいます。
そこで、シャンプーにはアミノ酸系のものを使用するといいでしょう。

市販の多くのシャンプーは、高級アルコール系と呼ばれる洗浄成分を使用しています。
安価でしっかり洗浄できるのが特徴ですが、洗浄力が強すぎるため皮脂を全て洗い流してしまうのです。

一方、アミノ酸系のシャンプーは適度な洗浄力なので、皮脂を洗いすぎる心配がありません。
そのため、皮脂の過剰分泌を防ぐことができるのです。

ただし、いくらアミノ酸系のシャンプーと言えども、1日に何度も洗髪したり、大量に使用したりすると、皮脂を洗い流しすぎてしまうため注意しましょう。

※1 (PDF)化粧品講座Ⅳ「頭髪化粧品と毛髪」
※2 (PDF)「頭皮皮脂分泌量に関する研 (第1報)-洗 髪後の頭皮皮脂分泌量の回復について-」

<年代別>スカルプシャンプーお試しクロスレビュー

<年代別>スカルプシャンプーお試しクロスレビュー
<年代別>
おすすめの
男性用シャンプー
使い比べレポ―ト
~4つの条件~
上質なメンズシャンプーの選び方
頭皮ケアに育毛に
スカルプシャンプー特集
頭皮の臭いを消す+いい香りづけも
“スメルプ”シャンプー特集
~口コミ評判まとめ~
人気メンズシャンプー28選
徹底調査
シャンプーの『危険な真実』
メンズシャンプーは成分に注目しましょう
メンズシャンプーの正しい使い方を知りましょう
メンズ向け!頭皮トラブルの種類や原因別・正しいケア方法
このサイトのシャンプーの情報はあくまで個人で収集したものになります(2016年12月現在)。
くわしい情報を知りたい方は、必ず該当の公式HPページをご確認くださいますようお願いいたします。
PAGE TOP