HOME » シャンプーの危険な真実『界面活性剤』を徹底調査 » シャンプーの危険な成分を総まとめ

シャンプーの危険な成分を総まとめ

髪や頭皮のためにも避けておきたい危険なシャンプーの成分を徹底解説しています。

危険だと思われるシャンプーの成分

シャンプーの中には、使い続けることで髪や頭皮に深刻なダメージを与えてしまう成分が配合されていることがあります。それでは、使用を注意しておきたいシャンプーの成分をいくつかご紹介してみましょう。

ラウレス硫酸

洗浄力をアップさせるために配合していることが多い成分です。市販されているシャンプーに配合されていることが多いのですが、難点はその高すぎる洗浄力。頭皮や毛穴に付着している皮脂はうるおいを与えたり、汚れなどをガードしたりする役目も担っているため、ある程度の皮脂を残しておかなければ健全な状態とはいえません。

しかし、このラウレス硫酸は、その高すぎる洗浄力で皮脂を根こそぎ洗い流してしまうため、結果的に髪にうるおいがなくなったり頭皮がかさかさになってしまったりと悪影響をもたらしてしまうのです。さらに、たんぱく質を変質させてしまうという特性も備えています。毛髪の大部分はたんぱく質で構成されているため、洗浄力と引き換えに薄毛を招いてしまうということもあるのです。

ラウリル硫酸

高すぎる洗浄力をもつ成分は上記のラウレス硫酸だけではありません。このラウリル硫酸も負けず劣らずの洗浄力をもっており、なおかつ泡立ちの効果も備えている成分です。そのため、市販されている泡立ちを売りにしたシャンプーの成分表を見てみると、このラウリル硫酸が配合されていることが多いといわれています。

実はこのラウリル硫酸は、ラウレス硫酸よりもさらに厄介な強力パワーをもつ成分。その高すぎる洗浄力で、頭皮の環境を正常に保つために必要な常在菌も全滅させてしまうパワーをもっているのです。結果としてきれいな髪にはなるけれど、水分が少ないカサカサの質感をもつ髪に仕上がってしまうのです。

シリコン

このシリコンの役割はおもに髪のコーティング。通常使用するトリートメントのような栄養成分を髪に浸透させるといったことはなく、ただ髪に無機質なバリアを作るだけです。そのバリアは、髪だけでなく頭皮の毛穴もふさいでしまうことが多く、十分な栄養を頭皮に送る通常の活動を妨げてしまうこともめずらしくありません。

しかも、しっかりと洗い流しておかないとシリコンはそのまま毛穴をふさぎ続けてしまいますので、使用時には十分な注意が必要となってくるでしょう。

こんな方は市販のシャンプーを使うことを控えましょう

みなさんの中には、スーパーやドラッグストアなどで販売している手ごろな価格のメンズシャンプーを手にとって使用している方がいるのではないでしょうか?「市販されているものだから」「有名メーカーが販売しているシャンプーだから」と、気軽に使っていると、髪を傷めつけて頭皮の環境を悪化してしまいかねません。

ただし、個人差があるので市販のシャンプーがすべて危険なわけではありません。使い続けて抜け毛や頭皮がかゆくなってしまったなどの症状が出た場合には、いったん使用を取りやめてみるといいでしょう。薄毛を改善したいと考えている方、整髪料を十分に洗い流せて、さらに頭皮環境を良くしていきたいと考えている方なども、シャンプーの配合成分についてくわしく調べてみることをおすすめします。

<年代別>スカルプシャンプーお試しクロスレビュー

<年代別>スカルプシャンプーお試しクロスレビュー
<年代別>
おすすめの
男性用シャンプー
使い比べレポ―ト
頭皮ケアに育毛に
スカルプシャンプー特集
頭皮の臭いを消す+
いい香りづけも
“スメルプ”シャンプー特集
シャンプーの『危険な真実』
を徹底調査
人気メンズシャンプー25選
~口コミ評判まとめ~
上質なメンズシャンプーの選び方
~たった2つの条件~
このサイトのシャンプーの情報はあくまで個人で収集したものになります(2016年12月現在)。
くわしい情報を知りたい方は、必ず該当の公式HPページをご確認くださいますようお願いいたします。
PAGE TOP