本物を選べ 上質なメンズシャンプー厳選サイトHOME » メンズシャンプーの正しい使い方を知りましょう » シャンプーブラシってどうなの?

シャンプーブラシってどうなの?

シャンプーのときに使う専用のブラシは、指では落としきれない汚れもすっきり洗い上がると人気です。シャンプーブラシ使った頭皮ケアは、加齢臭に悩むメンズにも効果的といわれていますが、なぜなのでしょうか?シャンプーブラシと普通のブラシはどこが違うのか、シャンプーブラシの特徴や使うことのメリットやデメリットをまとめてみました。また、頭皮ケアのための正しい使い方や、おすすめのシャンプーブラシについてもご紹介します。

自宅でヘッドスパができるシャンプーブラシ

美容室を訪れるメンズにも利用者が増えているヘッドスパは、頭皮をマッサージしながら、毛穴に詰まった皮脂汚れなどを取り除いて地肌と髪をケアする施術です。加齢臭の原因となるのは、不飽和アル デヒドの1種である「ノネナール」という成分。20〜30代ではほとんど検出されないのですが、40代以降になると生成が盛んになります。加齢臭の元となる「ノネナール」は、皮脂の中にある酸が皮膚常在菌によって分解することで生成されます。

美容室で受けるヘッドスパのように、自宅で皮脂汚れを取り除いて頭皮のマッサージができるものとして登場したのが、頭皮用のシャンプーブラシです。

シャンプーブラシのメリット

多くのシャンプーブラシに使われるシリコーンは、酸素やケイ素などの有機化合物で、通気性の高さや柔軟性が特長です。シリコーンのメリットの1つは髪のきしみを抑えること。シャンプーにも細かい粒子状のシリコーンが使われていて、髪の毛どうしの摩擦を少なくする作用があります。シャンプーブラシを使うと指よりも広い範囲にしっかり届くので、洗い残しの軽減にも効果的です。また、頭皮マッサージにはリラックス効果があります。

ストレスがたまりやすい人は頭皮が固くなりがちです。マッサージ機能のあるシャンプーブラシには頭皮を柔らかくするメリットがあります。

シャンプーブラシのデメリット

メンズにありがちなのが、シャンプーのときに力を入れすぎること。シャンプーブラシは頭皮の皮脂をしっかり洗い上げるものなので、ゴシゴシ洗ってしまうと過剰に皮脂を取り除いてしまうかもしれません。必要以上に皮脂を取り除くと、乾燥を招いたり頭皮トラブルを引き起こしたりするリスクがります。また、シャンプーブラシの先端がとがっているものを力を入れて使うと、頭皮を傷つけてしまうことも。シャンプーブラシのデメリットは、正しい使い方をしていないことが原因と考えられます。

シャンプーブラシの正しい使い方

頭皮のトラブルを防ぐためにも、シャンプーブラシは説明書通りに正しく使うことが大切です。シリコーン素材は柔軟性がありますが、力を入れて使うと刺激が強く痛みを感じることも。気持ち良いと感じるくらいの力加減で使うようにしましょう。頭皮にシャンプーブラシを当てたら、小刻みに優しく動かしていきます。くるくる回すと髪の毛がからまるリスクがあるので、回転させないようにしてください。洗うときは前頭部と後頭部でパーツに分けるのがおすすめです。前頭部は、前髪のはえぎわから頭頂部に向かって洗いましょう。後頭部は、左右を耳の後ろから頭頂部と、えりあしから頭頂部に分けて洗うと洗い残しがありません。髪の量が多いところは手で浮かせると洗いやすいです。

おすすめのシャンプーブラシ

シャンプーブラシは先端がとがっていると頭皮を傷つけやすいので、とがりすぎていないものを選びましょう。薄毛が気になる人は、先端が丸く刺激の少ないタイプがおすすめです。素材のチェックも大切なポイント。また、加齢臭の元となる「ノネナール」の生成を抑制するには、抗酸化作用が高い「チオタウリン」が有効とされています。加齢臭が気になる人は、「チオタウリン」が配合されているメンズシャンプーをシャンプーブラシと合わせて使うのがおすすめです。

<年代別>スカルプシャンプーお試しクロスレビュー

<年代別>スカルプシャンプーお試しクロスレビュー
<年代別>
おすすめの
男性用シャンプー
使い比べレポ―ト
~4つの条件~
上質なメンズシャンプーの選び方
頭皮ケアに育毛に
スカルプシャンプー特集
頭皮の臭いを消す+いい香りづけも
“スメルプ”シャンプー特集
~口コミ評判まとめ~
人気メンズシャンプー28選
徹底調査
シャンプーの『危険な真実』
メンズシャンプーは成分に注目しましょう
メンズシャンプーの正しい使い方を知りましょう
メンズ向け!頭皮トラブルの種類や原因別・正しいケア方法
このサイトのシャンプーの情報はあくまで個人で収集したものになります(2016年12月現在)。
くわしい情報を知りたい方は、必ず該当の公式HPページをご確認くださいますようお願いいたします。
PAGE TOP